プログラミング支援

プログラミング教育の目的


文部科学省は2020年から小学校でプログラミング教育を必修化することを決めました。プログラミング教育の重要性が注目されている中、一部の先行校はすでに実践し始めましたが、 多くの現場の先生はまだどうすればいいかと戸惑っているようです。

まず、大事なのは、プログラミング教育の目的を知ることです。 小学校のプログラミング教育はプログラミング的な考え方を教えます。中学校ではその考え方を活用して、勉強や生活の課題を解決する方法を学ぶことが 本来の目的です。

一般社団法人センセイワーク(以下SENSEiWORK)は現場の先生と一緒にプログラミング授業を考え、そして先生の実践をサポートします。


プログラミング教育を自ら実践


SENSEiWORKは現場の先生たちと一緒に具体的な事例の学びを通して、プログラミング教育を実践します。 

例えば、ゲームを作ることでプログラミング的な考え方を学びます。プログラミングを使ってプレゼンテーションを行います。委員投票アプリを作って実際に使ってみます。学習暗記用のアプリを作ってみます。発表に使えるタイマーを作ってみます。プログラミングで円を書いてみます。プログラミングで調べた結果をグラフで表示してみます。

他校の事例を待つではなく、少しだけでもいい、自ら作っていくことが何よりも大事です。 当たり前のことで、新しいことを始めるとき、多くの問題が必ず出てきます。 そんな時、私たちはしっかりとサポートさせていただきます。 問題や経験を共有し、より質の高いプログラミング授業を実践しましょう。 生徒の生活や勉強の視点からプログラミングを自然に導入できるような授業作りを支援します。


プログラミング教育実践に必要なモノ


プログラミング教育を実践するためには、何が必要でしょうか?パソコンやタブレットを使わなければならないことはまったくありません。

プログラミング的思考を教えるとき、最も必要なのが紙と鉛筆です。

ほとんどの場合、プログラミング的思考は紙で説明できます。 ポストイットを使えば簡単に仕組みの流れを作ったり、変更したり、できます。 パソコン環境が整えていない学校でもプログラミング教育を実践できます。 これは「Computer Science Unplugged (コンピュータサイエンスアンプラグド)」といい、パソコンを使わないプログラミング学習のことです。

次に重要なのが、グループワークです。

プログラミング的思考の学びの場合、生徒同士のコミュニケーションがとても大事です。 お互いの考えがお互いの刺激となり、学びがより深めることができます。 一人モクモクパソコンをいじるより、みんなでワイワイして話しながら作業したほうが学習効率いいです。

そして、3番目がパソコンです。

パソコン環境が整えれば、プログラミング教育をやりやすくなります。 実際にパソコンでゲームを作ったり、ロボットを動かしたりできますので、 完全の紙ベースよりは明らかに学習雰囲気が変わります。 しかし、公立学校の現状はタブレットがあったとしてもネット整備が遅れて、 子どもたちの一斉アクセスがネット負担となり、思うように授業が進まないことが多いです。 このため、現時点ではオンライン活動とオフライン活動をうまく取り入れる必要があります。

SENSEiWORKは、それぞれの学校の現状に合わせてプログラミング授業の作り方をご提案します。


使用ソフト&アプリ:

Scratch(小中全学年)、ScratchJr(小学校低学年・iPad)、Excel VBA(中学校)


使用ロボット&ドローン:

micro:bit、Robotist(アーテック)、マインドストーム EV3(Lego)