セミナー・イベント

7月オンラインセミナー 


『そのままプログラミングの授業で使える!

 Scratch入門

7月のオンラインセミナーのご案内です。

今回は2020年から小学校で必修となっているプログラミングをテーマにScratchの超初心者向け講座です。

新型コロナウイルスで2020年度は学校が休校からスタートしました。プログラミングどころじゃない!!という先生が大半ですよね。

それどころか、いまだに「プログラミングってなんだろう」と思っている先生が大半かと思います。

今回、プログラミングしたことがない先生向けに、文科省も推奨しているビジュアル型プログラミング言語Scratchを使って、プログラミングの基礎をゼロから学ぶ講座を企画しました。

おそらく年度内のどこかで少しは必修化したことに対応する授業をしなければいけないはず。

いまのうちに知識を少しだけでも入れておきましょう。

Scratchはブロックの組み合わせによるプログラミングツールで、世界各地の教育現場で使われています。

直感的に操作できるので、子どもでも簡単にプログラミングを学べるツールです。

・アニメーションが作れます

・ゲームが作れます

・アプリが作れます

・音楽が作れます

しかも、無料。

アイデア次第で実は、プログラミング×色んな学びができます。

今回はScratchの操作を学びながら、簡単なアート作品制作にチャレンジしましょう。

プログラミングの基礎(順次、条件、繰り返し、変数)をしっかり理解できるように、簡単な模様パターン制作をやってみます。

プログラミングの超初心者の先生にぴったりの講座となります。ぜひご参加ください。

小学校の先生はもちろん、様々な教科に応用可能なので、中高の先生もぜひご参加ください。


<日時>

7/23(木・祝)21:00-23:00

<場所>

オンライン会議システムZoomを使用します。参加の先生方にのみURLをお伝えいたします。

<参加資格>

学校教員および教育関係者

<実施内容>

ビジュアルプログラミングツールScratch講座

<定員>

15名

<スケジュール>

20:45 開場

21:00 挨拶、センセイワークの紹介

21:10 Scratchの説明

21:40 Scratch作品制作

22:30 作品紹介

22:30 質疑応答他

23:00 終了

<事前準備>

今回の講座で使うのが、Scratchのオンラインバージョンです。

WindowsタブレットまたはiPadでも制作は可能ですが、パソコンでの制作がおすすめです。

また、Scratch3.0をパソコンにダウンロードしてローカルバージョンを使うこともできます。

開講までに、各自以下のリンクからScratchのアカウントを作成してください。

https://scratch.mit.edu/join

すでにアカウントを持っている方はそのまま使えます。当日講義内容をスムーズに進めるため、必ず事前に準備してください。