プロジェクションマッピング甲子園

プロジェクションマッピング甲子園2020、参加校募集締め切りました!

今年のテーマ: 絆(きずな)

投影実施は参加校の各自の学校で実施してください。動画審査となります。


参加資格・条件

① 中学生および高校1,2年生

② 開催期間中、該当学年に在籍していること   

③ 遠隔である程度作業やコミュニケーションができること

④ 製作に必要なPCやタブレットなどのデバイスが各校で用意できること


参加費:通常50,000円のところ、初回記念価格30,000円とさせていただきます。

上記費用にエントリー料、事務手数料、指導料が含まれています。


*学校単位での申し込みになります


スケジュール

〜9/15   参加申し込み締め切り

〜12/15  PM基礎講座 ・投影プラン提出・絵コンテ提出・ラフ動画提出

12月中     各校で上映会

〜1/10   動画ファイル提出

1月中旬〜下旬 Zoom上映会で観賞・講評・発表


審査について

審査項目

・1校につき1作品5分までで、テーマに沿った内容であること

・製作に使用するソフト、サービス、アプリは問わない

・5分程度のメイキングの動画を作成すること

・作品50点、メイキング25点、プレゼン25点


審査員

ネイキッド 未来創造プロジェクト「NAKED 未来創造/地域活性」GM

センセイワーク理事 他


チラシまたはポスターをご自由にダウンロードしてください。

チラシPDFダウンロード


応募方法

以下のエントリーボタンをクリックして、専用フォームを記入し応募してください。

学校単位での申し込みになります。

応募締切は9月15日となります。たくさんのご応募をお待ちしております。


一般社団法人センセイワークがいままで支援してきたプロジェクションマッピング実施例の一部を紹介します。今回の制作の際、ご参考ください。実例では、iPadのKeynoteを主に使用していますが、制作に使用されるソフトの指定はございません。自由にツールを使って制作してください。

実例1 犬山高等学校

2019年から1年弱に渡りセンセイワークで支援してきた犬山高等学校さんのプロジェクションマッピングの記事です。もうあれから2ヶ月経ったのかと時の流れを感じますが犬山高等学校さんのこれからに期待したいと思っています。TV会議/ZOOMと授業支援システム/スクールタクトの遠隔講習数回だけで高校生の方々がここまでのイベントを実現できた事に驚いています。若い方々はキッカケさえあればいい意味で化けると思います。彼らの創造力をこれからも応援していきたいと思います。


実例2 同志社中学校

同志社中学校さんの礼拝堂にクリスマスをテーマにしたプロジェクションマッピングを行いました。生徒さんの作品と合わせて約20分の上映でした。センセイワークのパート約2分の動画です。記録撮影時には照明がついていましたがそれでも十分綺麗に映っています。クリスマスシーズンはプロジェクションマッピング熱いですw

同志社中学校さんで行う礼拝堂へのプロジェクションマッピング動画素材も編集できました。どんな感じに投影できるのか楽しみです。創ることが楽しいなあと思いながらこたつに入りながらiPadで映像をiMovieで最終編集をしていきます。自分の学生時代にiPadがあったらもっと色々できていただろうなと思いました。

同志社中学校の反田先生の要請を受け同志社中学校の素敵な礼拝堂にiPadのkeynoteを使用したプロジェクションマッピングの試写を行いました。プロジェクターの投影範囲を確認しフレームをiPadのkeynoteで作成し位置合わせを行い投影を行いました。慣れてくると5分くらいで位置合わせフレームが作れます。元々礼拝堂の建物自体がすごく素敵なのですがプロジェクションマッピングを行ってみるとさらに素敵な表情を見せてくれました。


お問い合わせ先

一般社団法人 センセイワーク

〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江二丁目4番15号4階

senseiwork2016@gmail.com

プロジェクションマッピング甲子園は一般社団法人センセイワークが主催します。